馬太郎

タイプ 名前 コメント
ハーブ カツアバ

南米で何千年にも渡り、エネルギーとスタミナの増強に使われてきた、カフェインの代用をする最も強力なハーブの一種でブラジルのポーリニヤという植物の実を粉末にしたもので、世界的に有名な強精剤です。 ボケ防止にも効果があることが最近発表されています。
南米で古くから利用されてきた「元気の素」とされる強壮ハーブです。古来から媚薬としても使用されている他、中枢神経に刺激を与え、ストレスが原因の症状(インポテンツ)等にも働きかけるとされています。
和名、アマゾンにんじんとして知られています。 シスチンや高級アミノ酸を多量に含有するブラジル特産の薬用植物です。天然カロチノイドであるアスタキサンチンを高濃度に含有しています。アスタキサンチンが天然脂溶性抗酸化剤として汎用されているビタミンEやβ−カロチンに比べて強い抗酸化作用を有する事がわかってきました。ビタミンEの約1000倍の強い活性を示したとの報告もあります。体内で発生する有害な活性酵素を消去する機能、免疫力を高める作用、種々の癌に対する予防効果、コレステロールの抑制作用があると言われています。

ハーブ  マカ

このマカについては面白い逸話があります。昔、スペイン人が南米を征服しようとしたときの話です。彼らは本国から馬を連れてきたのですが気候風土が合わず、彼らが連れてきた馬は子供をつくれなくなってしまいました。そこでコンキスタドールたちは何かいい方法がないかと探しあぐねたあげく、原住民から馬にマカを食わすように聞いたのです。効果てきめんで、馬たちは生殖能力を取り戻し、馬の数が十分にふえ、それによって南米を征服することができたのです。歴史に「もし」はナンセンスですが、もし、マカがなかったら、南米は無道なスペイン人の手に落ちず、今の世界地図は大幅に変わっていたことでしょう。
 性欲の亢進と勃起効果は多くの研究によるとマカに含まれている長鎖の二種の脂肪酸、マカエネスとマカマイドであるようです。その二つを抽出して実験用のラットに与えたところ、交尾の回数が著しく増えたのが観察されました。またイソチオシアン酸塩なる物質も含まれており、それも性ホルモン分泌をコントロールし性欲を高めるようです。南米では食料の一部として長年使われてきたほどですから副作用の心配はまずありません。ただ注意すべきことはマカには比較的銅が多く含まれていますから、マカをとるときは必ず亜鉛のサプリメントも一緒にとって下さい。そうでないと亜鉛の相対的不足をおこします。 女性の性欲も高め、また妊娠能力も増大させますので不妊治療を行なう医師の中にはまずマカを第一選択にする人もいるくらいです。更年期障害、生理前の不快な症状にも効きます。

ハーブ ガラナ

日本でもやっと最近知名度があがってきましたが、ブラジルではソーダに入れて一種の・国民的ドリンクとして昔からのまれています。アマゾンのガラニー族がこの植物を栽培し、その実を伝統的に使っていたことから、ガラナと呼ばれるようになりました。彼らは戦のときには必ず持ち歩いたといわれています。17世紀半ば宣教師たちが本国に持ち帰り、数多くの研究がなされました。
 疲労回復、スタミナ増強、若返り、血液浄化、鼓腸、肥満、消化不良、偏頭痛、動脈硬化などに効果があります。血小板凝集抑制作用も確認されています。脳にもいい作用をもたらし、特に長期の記憶力を向上させてくれます。最近はアルツハイマー病にも効果があるといわれています。大腸菌やサルモネラ菌を殺す力ももっています。こういった効果は数多く医学的に確認されており、決してコブラやトラのペニスなみの怪しげな媚薬ではありません。男女ともに健康増進のサプリメントとして服用も可能です。多くの日本のドリンクやアンプルにも配合されていますが、その量は非常に少なく、体が実感できるほどの量ではありません。やはり、ガラナの実の粉末を日に2〜4グラムほどとらなければその効果はわかりません。これもバ●●グラのようにのんで1時間後に効果がでるというものではありませんが、鹿茸、冬虫夏草、エゾウコギなどよりも速効性があります。

 
ハーブ ムイラプアマ

1994年11月のThe American Journal of Natural Medicineに、EDには最も効果のあるハーブの一つだと記載されています。またよく媚薬として使われるヨヒンビン(後述)よりも勝れているともいわれています。1人の男性が1000人の女性を相手にできるという伝説があるほどです。樹皮と根が最も使われるのですが、そのまま粉末にしても有効成分は腸で吸収されませんので、アルコールで有効成分を抽出してエキスにしたものがいいのです。神経の鎮静効果もあります。生理不順や不妊症にも使われています。はげにも効くとされていますが、そこのところは定かでありません。しかし、試してみる価値はあるでしょう。

ハーブ ニンジン

アジアの驚異的な植物であるオタネニンジンは、何千年もの昔から中国で栽培されてきた。「命の花」(Fleur de Vie)とも呼ばれる根は、人間のかたちをおおよそ象っているのが特徴である。 中国では、若さを保つための活性効果のある万能薬として現在も用いられている。 オタネニンジンは、身体機能に向けて全身機能を活性化させる働きを備え、ビタミンの他にも非常にたくさんの栄養成分を含んでいる。 オタネニンジンエキスは、クラランス アンティポリューション コンプレックス(特許済)の構成成分でもある。

ハーブ イチョウ

「イチョウは花粉管を伝う精細胞で受精するほかの種子植物と違い、動き回る「精子」を持つ数少ない植物だ。この精子が帝国大理科大(現在の東大理学部)の助手だった平瀬作五朗によって発見されて、今年でちょうど100年になる。
 イチョウの実であるギンナンは、日本・中国で古くから食用にされていた他、咳止めや下痢止めなどに使う民間治療薬だった。医学の世界で注目され始めたのは1960年ごろ。植物に含まれるフラボノイドに血行を促進する効果があることが認められ、ヨーロッパではフラボノイドを多く含むイチョウの青葉から採ったエキスを薬品にする研究がはじまった。
 現在、ドイツ・フランスでは効果が臨床的に認められたとして、[動脈硬化][肩こり][冷え性]など末梢血管の障害、さらに[老人性痴呆症]の治療薬としても医療現場でもイチョウエキスが使われている。日本でエキスを販売する日本グリーンウェーブ(本社東京)によると、全医薬品の中でもイチョウエキスの販売高が80年代からトップクラスにあるという。
 イチョウの葉にはフラボン・カテキンなど20種類以上の成分が含まれている。その中でも最近注目されているいるのが、イチョウに特有の『ギンコライド』だ。この成分には、血管に炎症を起こしてアレルギーの原因になったり、血栓を作ったりする血小板活性化因子(PAF)が血管の組織に取り付くのを邪魔する効果があり、アレルギー症状を改善する薬になることが期待されている。

ハーブ トンカットアリ

マレーシア版バ●●グラ」とか「マレーシアの国宝」といわれる天然ハーブ・トンカットアリが主原料。トンカットアリはエネルギーおよび健康を調整するため、疲労の諸症状の緩和にも効果があるといわれています。
2 トンカットアリは男性の生殖器官に対して機能の向上があると言われ、生化学研究所によると、トンカットアリを1週間服用した後では、精巣で作られるテストステロン(男性ホルモン)の数が大幅に増加するといわれています。 3 マレーシア大学での研究の結果、トンカットアリは男性の生殖器官の硬直指数を増加させ、セックスに対する願望とスタミナを高めることが分かりました。

ハーブ 冬虫夏草

寄生する昆虫によってざっと400ほどの色々な種類がありますが、Cordyceps sinensisという場合、コウモリ蛾の幼虫に寄生して、そのタンパク質を栄養として成長するキノコをさします。1400年ごろのチベットの薬物書「甘露宝庫」に記載されているのが世界最初だといわれています。主にチベット、ネパール、中国の雲海、清海、甘粛などの3000〜4000メートルの高山地帯で採集されていましたので、昔は非常に貴重な薬、あるいは薬膳として歴代の皇帝に愛されてきました。おそらくチベットから中国へと伝わったのではないかと察せられます。今では人工培養が可能となっています。4億年の進化の歴史をもつ昆虫に寄生し、そこから栄養を吸収し、ついには寄生した昆虫をミイラのように干涸びさせてしまう恐ろしいほどの生命力は、不気味なエイリアンさえ彷彿とさせます。
 この凄まじい生命力を人間にもと古代の人は考えたに違いありません。そして、その直感は正しかったようで、実にさまざまな病気に対して効果があります。喘息、結核、慢性気管支炎といった呼吸系疾患、それに腎炎、不整脈、高血圧、肝炎、不眠症、ストレス、高脂血症、免疫力強化等々と列挙すればきりがないほどです。がんにも効果があるという研究も数多くなされています。そして、ここで特に大切なのは性ホルモンの分泌を促してくれます。しかしセックスの1時間前にのんだからといってすぐに役立つようなものではありません。時間をかけて精力をつけるようにして下さい。およそ3〜4週間で精力がついてきたという実感がでてきますが、早い人なら10日〜2週間でも違いがわかります。女性も健康維持、色気・性欲増進に積極的に服用して下さい。

アミノ L-アルギニン

このアミノ酸は勃起に非常に重要な役割をはたします。1980年代にはアルギニンは若返りのホルモンである成長ホルモンの分泌を促すということで話題になったのですが、現在はNO(一酸化窒素)を介してEDの改善に役立つということで、違った角度から有名になりつつあります。
 NOは公害物質の最たるものですが、人体の中では極めて大切な役割を果たします。体内にあっては数秒の寿命しかないので、今まで詳しく研究されていなかったのです。動脈の内皮細胞でNOは窒素Nと酸素Oから合成され、それは動脈をリラックスさせ、血流をよくし、ひいては血圧をコントロールしてくれます。ペニスでも同じで、海綿体動脈の血流をよくし、血流量を増大させ、勃起を促してくれます。アルギニンは、その大切なNOに窒素原子を供給してくれるのです。セックスの30分〜1時間前に3〜6グラムが適量です。また精子の数も増やしてくれます。アルギニンを9日欠乏させただけで精子の数が10分の1に激減したという研究もあります。NK細胞を増やしてくれて、がんにも有効であるという報告があります。作用機序はよく解明されていませんが、女性でも性欲を増してくれます。

エキス トマト色素

トマト色素はリコピンとものは含んでる。リコピンの抗酸化作用、生活習慣病予防作用 リコピンが注目されるようになったのは、1989年に、その抗酸化作用がビタミンEの100倍、β-カロチンと比較しても2倍強いことが明らかにされてからです。

活性酸素はがんや動脈硬化症などの生活習慣病を引き起こしたり、老化を促進したりしますから、その活性酸素を消去すること(抗酸化作用)によって、生活習慣病予防作用や老化抑制作用が期待できます。

また、最近、リコピンには、細胞のがん化を防ぐ役割を持つ遺伝子を活性化する機能があると考えられています。特に前立腺ガンに強いと考えられています。実際に、がんにかかった人の血中リコピン濃度は、正常な人と比べて低いことが、様々ながんについて明らかにされてきており、リコピンのがん抑制作用が注目を集めています。カゴメにおいても、秋田大学との共同研究で動物実験を行ない、6倍に薄めたトマトジュースが、大腸がんの発症を抑制することを明らかにしました。また、肝臓がんや膀胱がんに対しても、予防効果があることを解明してきています。これらの実験の中で、試薬のリコピンと、同じ量のリコピンを含むトマトジュースとで、予防作用を比較しましたが、むしろトマトジュースの方が良いという結果が得られています。つまり、薬としてではなく、食品としてトマトを摂取することでがんの予防が可能であると考えられます。
また、トマト(リコピン)の摂取は、動脈硬化症の原因となる、LDLコレステロールの酸化を抑制し、動脈硬化症の予防に役立つことが判っていますし、老化とともに衰える学習・記憶能の維持にも効果がある、というデータも得られてきています

ミネラル セレン酵母

主な働き ビタミンEとともに体内の酸化を防ぐ抗酸化物質として働き、組織の硬化・老化を防止する
・ガン細胞の発生を防ぐ働きもあるといわれている。さらに前立腺を支えます。
欠乏症状 成長が阻害され、免疫力が低下する

ミネラル 亜鉛酵母

今、必須微量元素の中で注目を集めているのが「亜鉛」。
亜鉛は栄養所要量こそまだ定められていませんが、「第5次改定日本人の栄養所要量」から、「摂取推奨量は1日15mg」と記載されるようになりました。
体内の化学反応を担う様々な酵素のうち、亜鉛は実に300種類以上に関与していると言われています。
それだけに、亜鉛の摂取不足が長期にわたると、からだに様々な障害が起こってくるのです。
亜鉛欠乏による代表的な障害は味覚異常です。
舌に存在する味蕾には、味覚を司る味細胞が分布しており、味を感知するには、この味細胞が常に新しく生まれ変わる必要があります。
言いかえれば、味細胞は細胞分裂の速度が速いのです。
亜鉛は細胞分裂に大きく関与しているので、その摂取不足は味覚異常を起こしやすい・・と言えます。
味細胞と同様に細胞分裂が速いものに、生殖細胞があります。


精力剤 馬太郎



オリジナル精力サプリ 馬太郎のお得なセットをご用意いたしました。

馬太郎1本 ¥10.000 (¥10.500 税込)
 

馬太郎3本セット ¥18.000 (¥18.900 税込)
 

馬太郎6本セット ¥34.000 (¥35.700 税込)
 

ジャックおすすめ商品


  • 自然ペニス増大法 プロジェクトXXL
    22,000円+税
  • サガミオリジナル 002
    サガミオリジナル 002 12コ入り
    2,100円(税込)
電話でのお問い合わせ
Eメールでのお問い合わせ 携帯用サイト URL送信 高報酬アフィリエイト フランチャイズオーナー募集 安心してお得にお買い物

* ジャック 商品理念

私はお客さんとして一番最高の商品を使いたい。品質、効果、安全性、値段は全て大事だと考えています。いつもできるだけいいものを提供するように精進しています。最高の商品をお客様に提供できるようにサプリメントは、弊社で独自に工場に依頼して開発しています。例えば私は40才になって(涙)、精力の面で心配しているし前立腺の健康も心配している。そこで最高の精力をもたらし前立腺の健康も守る馬太郎を開発しました。私も最高の精力を発揮できるように、前立腺の健康のために、毎日、馬太郎を愛用しています。私が試してみて(女性向き商品は、私の妻が)満足できないなら大事なお客さんに販売することは考えられません。

このサイトの記載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権はジャック力商社(有)に帰属します。
美香精MOVIE 美香精 詳しい説明