オナニー 【無料セックス講座】

男性のオナニーについて

全ての男性がオナニーをするといっても過言ではないと思います。オナニーをする頻度は、人によって異なります。たとえ、セックスをするとしても成人男性の多くがオナニーも行っているようです。

多くの男性がオナニーの行為自体を恥ずかしいものだと感じているようです。ごく少数の男性のみが、親友等とオナニーについて話し合ったりするようですが、やはり多くの男性は、友人等にオナニーをしていることがばれる自体、恥ずかしいことだと感じているみたいです。

特 に、親に、オナニーしているところを発見されるかどうかを恐れているようです。そこで、多くの思春期の男性が、親に発見されるチャンスを減らすために、早 く射精することを覚えるようです。しかし、後で、セックスにおいて長持ちすること(早漏にならないことが)とても大事だと気がつき、長くもたせることを覚 えはじめます。

頻度について

年をとるにつれて、オナニーをする頻度が徐々に減ってきますが、多くの 男性は、結婚後でもオナニーを続ける傾向にあるようです。しかし、男性によっては、パートナーがいると、オナニーをしていることが相手に悪イメージを与え てしまう可能性があるので、オナニーすべきではないと考えているようです。結果としてオナニーしても妻からオナニーをしていることを隠すようになってし まっているようです。夫がオナニーしていることに気がついている妻は多いようですが。ラッキーな既婚男性は、妻と一緒にオナニーを楽しむ方達です。

多 くの男性の心理的な問題は、パートナーと話し合う時に、オナニーの話をとても持ち出しにくいということです。というのは、オナニーの話を出すことで相手へ の興味がなくなってきたと思われたり、また、相手とセックスしたくないと思われてしまうかもしれないと考えてしまうからです。

お 互いにオナニーについて理解しあえれば、セックスライフがもっといいものになるかもしれません。女性がオナニーしているところを見るのが大好きな男性は結 構、多いでしょう。男性がオナニーしているところを見るのが好きな女性も意外と多くいます。相手のいない男性やゲイの男性は、結婚している男性より、もっ とオナニーする傾向にあります。ゲイのカップルでオナニーを一緒にし合うのが大好きなカップルは多いです。

確かに、男性がオナ ニーすることを自分を拒否しているかのようにとる女性がいることは事実ですが、悪くとらない女性も多くいます。女性の前でオナニーすることは、男性が最も パーソナルな部分をその女性とシェアしているということになります。その面から、意欲的に相手の前でオナニーすることは、相手を拒否しているのではなく、 相手への愛の表現の一種と考えられるではないでしょうか。お互いの前で、オナニーをし合うことは、男性と女性ともにとって、とてもエロチックで愛のある行 為だと思います。セックスの最初に、オナニーをし合ってみてはどうでしょうか?

オナニーテクニック

男 性は、色々な方法でオナニーします。一番簡単な方法は、ペニスをしぼるという方法です。半勃起になったらペニスの先から根元までしごくようにします。最初 にペニスの根元に集中してオナニーし、亀頭に刺激を与えるのを避けるようにします。これは、射精を遅らせるテクニックです。

ペニス全体が徐々に触っただけでも敏感に繊細になってきます。勃起した後は、睾丸を押したりマッサージしたりすることを楽しむ男性が多いです。この時点でペニス周辺をやさしく触ることはとても気持ちよくなっています。乳首を刺激するのも気持ちいいでしょう。

ベッドに横になりながら、ペニスをベッドに擦ってオナニーするのが好きな男性もいます。

他には、ペニスにローションをつけてオナニーをするのが好きな方もいます。オナニーをしてセックスをする場合、ローションによっては、コンドームを損傷してしまうものもあるので気をつけましょう。

道具を使ってオナニーするのが好きな方もいます。現在は、色々なオナニーグッズが出ています。

女性のオナニーについて

オ ナニーは、男性、女性が行う、快楽を得るために、また発情した感情を抑える健康で自然な方法です。オナニーは、自分でどうやったらどこが感じるかを発見す ること、またオーガズムの仕方を自己開発するのにも最適です。オナニーでオーガズムできる女性は、実際のセックスでもオーガズムできる可能性が高いです。 射精しないで15〜20分の間、オナニーできる男性は、実際のセックスでも早漏である確立は少ないでしょう。相手の精器に刺激を与えることもオナニーの一 部であり、セックスの大事な一部分です。

女性器の外側の部分は、大陰唇と呼ばれていて、その中のビラビラの部分は、小陰唇と呼ば れていて、外側の大陰唇よりもピンク色で、もっと濡れています。貴方のアソコがどうなっているかよくわからないなら、お風呂に入った時などに、手鏡で観察 してみて下さい。小陰唇の上で交わるところにクリトリスがあります。クリトリスは、ピンクの小さな豆粒のようなもので、とても敏感です。クリトリスは、普 段は、包皮に覆われていますが、性的に興奮してくるとクリトリスが包皮から外に出てきます。クリトリスの下には、小さな尿道があります。そして、その下に は、膣への穴があいています。

オナニーを始める時には、最中に邪魔されることのないように中断する必要がないように、たっぷりと 時間に余裕を持って行って下さい。静かで、プライベートな場所で、ちょっと温かい場所で行ういましょう。オナニーをするポジションは、仰向けになってオナ ニーをするのを好む方、うつ伏せになってオナニーをするのを好む方、両脚をしっかりとくっつけながら行うのが好きな方、脚をおもいっきり開いて行うのが好 きな方、脚を上げて行うのが好きな方と多様です。ローションを使って、指やバイブなどで、やさしくアソコを刺激してみて下さい。色々な方法を試し、どこを どのように刺激すると気持ちいかを見つけるようにします。

多くの女性は、クリトリスを直接、刺激すると敏感すぎて刺激が強過ぎる ようなので、女性器全体を擦ることからはじめ、徐々に中の部分を指で優しくせめていくようにします。性的にもっと興奮するために、空想力を働かせてくださ い。我慢強くなってください。オーガズムをしないで快感が薄れてきたら、オナニーをやめて下さい。でも、がっかりしないようにして下さい。オーガズムでき るようになるまでには、しばらくかかるかもしれません。オーガズムするのにリラックスすることはとても大事です。

膣の中に張り詰 めた感じがしてきて、温かさが高まってきたら、オーガズムへあとちょっとということです。刺激し続けて下さい。もしも、ここで止めてしまうと、今まで貯め てきた感覚は薄れてしまい、もう一度、その感覚を培うのは、難しいでしょう。しかし、そのままオナニーを続ければ、クリトリスは、どんどん敏感になり、ク リトリスを直接、刺激するしないに関わらず、オーガズムが起こり、膣内部が収縮し出します。多くの女性が、オーガズムしている間、なんらかの形で膣へのコ ンタクトが欲しいと感じます。女性器への何らかの刺激や膣への指の挿入などです。

オナニーを一緒に行うこと

オ ナニーは、必ずしも一人で行う必要がありません。パートナーに自分のオナニーを見せたり、パートナーのオナニーを見るのはかなり興奮ものでしょう。パート ナーがどうやってオーガズムするかを見るのは、今度、パートナーを貴方が、オーガズムさせるためにも大事なことです。パートナーとオナニーすることは、お 互いの抑制をなくし、お互いを近づけます。

相手をオナニーしてあげ、楽しんで感じてもらうことはとても大事です。女性によっては、ペニスの挿入を行う前に、オナニーをしてよりオーガズムしやすくする人もいます。男性、女性、両方がお互いの性感帯のせめ方や敏感さや感度などを習う必要があります。