ミッキー・ロークのエロティック・ラブ・ストーリー『ナインハーフ』が初Blu-ray化
サントラと日本語吹き替え版も凄い

ミッキー・ローク&キム・ベイシンガー80年代のヒット作『ナインハーフ』が初Blu-ray化

あの『氷の微笑』や『危険な情事』の遥かに上をゆく、80年代後半に一世を風靡したエロティック映画の金字塔『ナインハーフ』が、11月7日、初のBlu-ray化&再DVD化される。

"待望の"Blu-ray化/DVD化、とはよく使われる表現だが、この『ナインハーフ』こそがまさに30代後半の男子にとっては"待望の"そして"垂涎の" Blu-ray化/DVD化に違いない。『ナインハーフ』は、1986年に製作・公開された大ヒット映画。説明不要かもしれないが、ミッキー・ロークとキム・ベイシンガーが一躍スターダムを駆け上がるきっかけとなった作品で、『フラッシュダンス』でスーパーヒットを放ったエイドリアン・ライン監督の描く、情熱的かつ過激な、エロティック・ラブ・ストーリー。ここ日本でも大ヒットとなった。
主人公の女性(キム・ベイシンガー)がふとしたことで出会ったある一人の男(ミッキー・ローク)から、様々なエロティックな行為を受けることによって、彼女の内側に潜む潜在的な欲求(主に性的な…)を開花させていくまでを、文字通り9週間半(原題でもある「9 1/2 Weeks」)に渡って追ってゆく。

この映画の象徴ともいえる有名な場面となった、目隠しをして彼女の体に氷を這わせる愛撫(通称・目隠し&氷責め)、冷蔵庫の中にある食品を用いたプレイ(通称・食べ物責め)、四つんばいにさせて彼のもとまで歩かせる(通称・牝犬プレイ)、娼婦を交えてのプレイ等(通称・娼婦3P)、豪雨の中のプレイ(通称・豪雨プレイ)などなど、芸術的なまでに官能的な性行為が話題となり、また流行ともなった。
エイドリアン・ライン監督独特の、天然光やスモークを効果的に採り入れた陰影豊かな映像が美しく、映画をスタイリッシュな傑作に仕立て上げているが、それだけではなく、充実の音楽(下記参照)も作品世界に大いに彩りを与えているのだ。

♪ジョン・テイラー『I Do What I Do...』
♪ブライアン・フェリー『Slave To Love』
♪コリー・ハート『Eurasian Eyes』
♪ジョー・コッカー『You Can Leave Your Hat On』
♪ディーヴォ『Bread And Butter』
♪ユーリズミックス『This City Never Sleeps』
♪スチュワート・コープランド 『Cannes』

さらに、音楽ファンにとっては、ザ・ローリング・ストーンズのロン・ウッドが俳優として出演していることも見逃せない。
また、特典としてTV放送版日本語吹替音声(※1988年1月18日テレビ朝日系列にて放送/声の出演…安原義人、小山茉美ほか)も特別収録。洋画劇場のメル・ギブソンとミッキー・ロークといえばこの人、安原義人、さらにシャロン・ストーン、ダイアン・レイン、メグ・ライアンなどの役でも知られる、小山茉美の吹き替えが特典で蘇る。

そんなエロス縁画の金字塔『ナインハーフ』の、最新HDマスターを使用した初Blu-ray化・再DVD化は、全成人男子必携、今年指折りの"待望"のリリースと言えるだろう。

『ナインハーフ』
2013年11月7日 発売
Blu-ray 品番:KIXF-107/通常価格:\4,800(税抜)
DVD 品番:KIBF-1095/通常価格:\3,800(税抜)
発売・販売:キングレコード
(c)1986 JONESFILM

DVD
ブルーレイ

 

あらすじ。

ニューヨークのギャラリーに勤めるエリザベス(キム・ベイシンガー)は離婚経験のあるキャリア・ウーマンで、画廊に勤めている。ある日、女ともだちのモリー(マーガレット・ウィットン)とチャイナタウンに行った際、身なりもよくハンサムな男(ミッキー・ローク)に声をかけられ、不思議な予感に胸をときめかせた。そして翌日、ノミの市で高級スカーフを欲しそうにしている彼女に、チャイナタウンで見かけた男が、プレゼントした。何の違和感ももたずに彼とうちとけ合い、レストランで食事をした。その男はジョンと名のり、その日に友人の家だといって川べりの静かな家に案内した。家に入るや否や、ベッドの用意を始めるジョンに不安を感じたエリザベスは、その場を去った。ある日、ジョンからの花束が届いた。忘れられずにいたエリザベスはジョンと再会し、2人の関係が始まつた。ジョンはエリザベスに目かくしし、彼女の身体に氷を使って愛撫する。エリザベスは、ジョンの言いなりになった。ジョンは高価な時計などをエリザベスにプレゼントをするが、自分が何者であるかは、一切口を開かなかった。一方、キャリア・ウーマンとして仕事の手をぬかないエリザベスは、郊外に引っ込んでなかなか個展の誘いにOKを出さないファインズワース(ドワイト・ウェイスト)を個展にひっぱり出した。ジョンとの関係を続けるうちに彼の昼間の姿も見たくなったエリザベスは、彼を追跡し、ウォール街にあるジョンのオフィスを訪れる。そこにはホワイトシャツを身につけたジョンの有能なブローカーの姿があった。ファインズワースの個展が迫り、エリザベスは遅々として進まぬ準備に業をにやして、直接彼に会いに行った。ニューヨークの喧咲を離れて暮らすファインズワースの虚飾を取り払った生活に触れ、エリザベスは不思議な感動を覚えるのだった。そんな一方、モリーが別れた夫とつき合っていた。複雑な思いで不安に揺れるエリザベス。ジョンのサディスティックな要求はエスカレートしていった。犬のように床をはいつくばらせたり、娼婦を部屋に呼んだりする。やがて、ファインズワースの個展のオープニングの日がやってきた。1人孤立して当惑しきっているような老画家の姿を目にした時、エリザベスはいたたまれなくなってその場を去った。ついた先はジョンの部屋だった。明け方、まだ眠っているジョンを見やりながら、荷物を整理するエリザベス。そんな彼女にジョンは初めて語り出した。「ぼくは5人兄弟の一番下で…」。ジョンの声を背に、エリザベスは部屋を出ていくのだった。